店舗の内装の出来る部分は全て自分でやりました

独立を叶え、さあ自分の美容室や飲食店を立ち上げようという夢を持っている方へ。
自分も同じでした。10年間東京の美容室でヘアディレクターとして働きました。
しかし、いざ店舗を開業するにあたってこう思う人は多いでしょう。

  • 店舗内装工事に費用をかけたくない
  • 店舗内装工事に費用をかけられない
  • 開業資金が少ない

わたしが自分の美容室を創業した経験から
どうやれば、出来るだけ工事費用をかけずにいい感じの内装を、
激安で行う方法についてアドバイスしたいと思います!!

①店舗内装のための設備はネットで探す

店舗内装設備は、内装業者が提携しているメーカーや業者のもの設置します。
それはもちろん新品がよいですが、新品を導入すると、かなり費用がかさんできます。
だから、設備費用を激安にするためには絶対に「中古品」の導入をおすすめします。

今だったら中古でもきれいな商品がたくさんありますし、ヤフーオーオークションなどでも見つかります。

ここで注意すべき点を一つ。

激安の中古品をネットで探す場合、購入前に店舗で使用できるか内装業者に確認しましょう。
例えばよくあるミスとしては、購入した後にサイズや規格違いなどで利用できない可能性です。

また、送料もしっかりと確認しましょう。商品がとても大きいため
商品自体は激安でも送料や設置費用が高くては本末転倒。
目標である内装の費用を激安にすることができません。

③DIYにチャレンジしてみる。

店舗の内装工事を自分で行って費用を抑える、それがDIYです。
DIYとはDO IT YOUSERLの略で、自分でやっちゃうことです。

工事費用を抑えるために、もちろん床や壁など全部の内装工事すべてを自分でやることは不可能です。
しかし、自分で出来る部分の工事は自分で行う(DIY)、それによって全体としては10%程度でも
内装工事費用を抑えることができます。

簡単にできるであろう内装工事のリストはこちらです。

  • カウンターや棚の造作を作る
  • キッチン、トイレのタイルの張替
  • 壁紙の張り替えや塗り
  • スタッフスペース装飾
  • 看板の作成

注意点として、電気工事や木工工事などは、高いスキルと合わせて資格が必要です。
無理せずにプロがしかできない内装工事はプロへお任せしましょう。
結局必要な部分の自己作業での失敗は余計な費用がかかります。

③店舗内装工事費用を激安にする物件選びとは?

みなさんよく言われるのが、店舗内装工事費用を激安で行うための絶対条件は「居抜き物件」を探すことです。
なぜなら、物件の基本的な設備を整えるための費用がかからないからです。
これは椅子や造作だけではなく、設備が特に重要です。
そのため、電気、水道、空調、給排気の追加工事の少ない居抜き物件を探しましょう。
また、店舗内装のレイアウト変更が少なくてすむ居抜き物件を探しましょう。

そしてもし難しければ店舗の設計や内装施工、デザインまで得意なLARGOに任せましょう。

まだまだ続きます!

アパレル店舗向けの最適な内装デザイン

アパレル店舗は取り扱う商品点数が多く、また商品を魅力的に見せたり、比較検討を行いやすくする必要があります。
つまり物件選びからして重要で、立地や店内のスペースを確保することも、内装デザインと同様に軽視できないといえます。
内装デザインは方向性から決めるのが基本で、客層やテーマを考えながら、配色や見せ方を追求することになります。
客層は10代と20代で違ってきますし、30代以上となれば更に落ち着きや上質さが重視される傾向です。
大人向けのお店でポップな配色は間違いですし、逆に20代向けで地味な店舗も微妙なところです。
勿論、経営の方向性と合致していれば問題ありませんが、何となくアパレルのイメージからそのような方向性に決めるのは疑問です。
消費者はお店の外から店内を見て、その店舗がどのような商品を取り扱うかを判断します。
入口側はいわばショーケースそのもので、何をどういったお客さんに提案したいか、メッセージを発信する手段になります。
例えば、奥行きを感じさせる立体的な内装デザインは、ついつい店内を見て回りたくさせます。
店内では動線を考え、アパレル商品の配置をイメージしながら内装デザインを検討しましょう。
全ての商品が入り口から見える作りだと、お客さんのワクワク感が減ってしまいます。
最初に興味を持たせ、次に少しずつ自慢の商品を見せていくことが、アパレル店舗における内装デザインのコツです。
しかし、特定の商品に興味を持ったお客さんは、その商品を手に取ったり他のものと比較したくなるものです。
この時に同じカテゴリの商品が比べにくいと、お客さんの買い物の快適性を損ねてしまうので要注意です。
全面をガラス張りにしたり、天井を高くして開放感を設けるなど、アパレル店舗の内装デザインには自由度の高さがあります。
思い切ってピンク一色にする、あるいは照明を暗めにして高級感や落ち着きを演出といったこともできます。
わざと古ぼけた装飾にする方法もありますし、反対に人工的な印象のデザインを検討してみるのも1つの手です。

ホテル店舗の内装デザインについて

ホテル店舗の内装デザインは利用者の印象を大きく左右します。もちろんそれだけで印象が決まるわけではなく、スタッフの気配りとか部屋の清潔さ、レストラン併設のホテルであれば料理の出来栄えなどによっても左右されるのは当然ですが、内装デザインも大きな要素を占めます。また、スタッフとか清潔さ、料理の出来栄えなどは日々改善を図ることもできますが、デザインに関しては一度オープンしてしまえば大規模な改装でもしない限りは変更することが困難であり、最初のコンセプトをはっきりと決めておくことが重要になります。
内装デザインのポイントにはいくつかありますが、よほどありきたりなビジネスホテルでもない限り、ホテルとは非日常の空間であるということは頭に入れておくべきでしょう。日常生活の延長線上でやって来る人もいるかもしれませんが、多かれ少なかれ高揚した気分で、非日常的なものを味わいたいという期待感があるはずです。普通の住宅とは一味異なるデザイン性を考慮する必要があるでしょう。
非日常というキーワードの他に重要なポイントとしては、統一感が挙げられます。エントランスからフロントデスク、エレベーターホール、廊下、そして客室に至るまで、デザインには統一感が取れているべきです。そうでないと、利用する人ははっきりと言葉に出して言わないまでも何か違和感、不快感を感じることになり、落ち着かない感覚を与えることになるでしょう。
内装デザインで最も簡単にコンセプトを打ち出せるものとしては壁や床、天井の色使いが挙げられます。どのような系統の色合いにするかで与える印象をある程度コントロールすることができるからです。例えば都心部にあるシティホテルでは黒系統の色が主に使われることが多いでしょう。黒系統の色にすることで都会的な、シックな感覚を出すことができます。一般論ですが、黒や濃い茶色などの暗めのカラーにすることで高級感を出すことができます。

カフェのおしゃれな店舗内装デザイン

近年カフェ需要の高さから、店舗内装デザインのレベルが高いおしゃれなカフェが多く出店するようになっており、昔ながらの落ち着いた空間だけではなく、話題になりやすいコンセプトを元に店舗内装デザインにこだわりを持つことが非常に重要だといわれています。
実際に支持されているカフェの内装デザインの事例として挙げられるのが、古民家風や純喫茶風のデザインで昔ながらの古民家を改装して作られているため、現代ではあまり見かけない内装に木材が多く使用されていることが大きな特徴となっています。天井は貼らずに空調効率などを無視しても、枠組みがしっかり見えるデザインのほうがノスタルジックな雰囲気とマッチしてそのお店独自の雰囲気を作り出すことができます。
他にも日本にいながら、海外に行った気分になれるハワイ風デザインは、内装にブルーをベースカラーに置き、観葉植物やシーリングファンなどを設置したり、スタッフはアロハシャツなどを着用することで一気に雰囲気を出すことができます。こういったコンセプトを最初にしっかり決めてお店のデザインを統一することで、その店だけの魅力を引き出すことが可能です。
カフェを多く利用する客層には、若い女性が多いことからカウンター席などをあえて用意せずに、ソファ席やテーブル席のみのお店も増えてきています。しかし多くではカウンター席もきっちり用意しておくことで、一人でゆっくりコーヒーなどを楽しみたいという高い年齢層の男性客を見越した席作りを行うことも非常に重要です。
おしゃれなカフェの内装デザインとして欠かせなくなってくるのが、テラス席の設置です。天気の良い日は外のテラス席でゆっくり時間を過ごす事ができるお店であれば、お店のステータスをぐっと上げることができます。テラス席があるかないかで利用者層も変化するので、カフェの内装デザインを行う際に出来るだけテラス席の空間を考慮に入れることが重要になります。

安く抑えられなかった…。内装に失敗した人の話をご紹介

店舗内装工事を激安にするために失敗した例を今日はご紹介しようと思います。
自分の友人でもあり、埼玉県に美容室をオープンさせた友人の話です。

彼Aくんとすると、彼はDIYがとても得意で安くするためにも自分の店は自分でと考えていました。
しかしながら、内装工事費用を安く済ませるべく、自分で工事を行い失敗し、結果的には余計に費用がかかる場合があります。

なれない作業で四苦八苦して結局時間がかかる

内装工事の基礎知識から、専門知識を勉強する時間や、慣れない作業をするのには時間がかかります。
多くの場合は借りた物件でしょうから、賃貸物件の場合は家賃がかかります。
そのため、準備期間が長くなると内装業者に依頼する方が
安かったという失敗例もあります。

よって、基本的には自分での作業は、オススメしません。

友人知人を巻き込んで作業するもうまくいかないケース。

また、親戚や友人に内装工事を激安で依頼し、失敗したケースもあります。

確かに工事費用は激安になりました。しかし、クオリティーはどうでしょうか?

仕上がりが粗い、工事が遅いなどの問題があり、結果的に満足度が低くなってしまいました。
やり直しをしたい修正などの問題は、親戚や友人に依頼しづらいということもあります。

そのため、別の内装業者へ依頼して余計に費用がかかったなどの失敗もあります。
かなり親しい友人やお任せできる知人がいる場合のみ依頼しましょう。

そこで前回の反省も踏まえて今回わたしが先輩としてお伝えできることは
店舗内装工事を激安で行うための3つの方法と注意点とは?

  • ①内装工事が少ない居抜き物件を探すことと
  • ②できるだけ他人を巻き込まずに自分で工事を行うこと、できるところだけやること
  • ③中古品や激安で購入した設備を設置することの3つになります。

ただし注意点として、結局やすかろう、悪かろうではよいものはできないと思います。
激安で内装工事を行った場合、完璧な仕上がりを求めるのはかなり難しく、期待しないほうがよいと思います。

自分で全部できる文には問題ないですが将来的に店舗の修繕や改修などの問題が発生する場合もあります。
リスクも考えてやって頂戴といいたいところですねえ!!!