バッカルファットとメーラーファットの違いは?

HOME » メーラーファット » バッカルファットとメーラーファットの違いは?

バッカルファットとメーラーファットの違いは?

・部位の違いについて
顔の脂肪吸引のメニューにメーラーファットとバッカルファットというものがよく見つかります。
見慣れない言葉ですし、どちらも頬の部位になっており、初めて見るとまったく違いがわからないでしょうが、これらは確かに違うものです。
施術したときの効果も変わるため、違いはよく確認しておきましょう。

・メーラーファット
これはちょうど頬骨やその周りの位置のことです。
お化粧でチークを塗る場所ともいえるかもしれません。
ここにも脂肪があり、量が多すぎるとここだけが部分的にぷくっと膨れていたり、そのせいでほうれい線が目立ったり、年を取ったときに垂れてきたりと、美容を損なうことがあります。
吸引するとここのふくらみが落ち着き、顔全体のバランスが取れたり、ほうれい線が目立たなくなったり、年を取ったときのたるみを予防できたりします。
ただし、人によってはかえって顔のバランスが崩れる場合もあるため、ここの脂肪を取るかは医師とよく相談することが大切です。

・バッカルファット
ちょうどメーラーファットの下に当たる部分で、口元あたりまでの縦のラインです
ここの脂肪が多いと、ほっぺたがぷくっと膨れて見え、丸顔に見えやすいのです。
太って見えることもあるかもしれません。
また、年を取るとバッカルファットが下に垂れ下がり、ブルドックのようなたるみができることもあります。
脂肪吸引することで顔が小さく見えたり、ほっそりした顔に見えたりします。
なお、こちらもただ抜けばいいというものではありません。
脂肪がなくなって頬がこけたようになる人もおられるため、効果について医師との相談がとても大切です。

・位置も効果も違うことに注意
どちらも頬の脂肪吸引になりますが、位置も違えば、脂肪があるときの見え方や吸引時の効果も変わります。
今のお悩みや目指している顔の方向性によってどちらにすべきか、もしくは両方ともを選ぶべきか変わります。
よくわからないときは遠慮なく施術前に医師まで確認するといいでしょう。